蓮の天敵 ザリガニ

2012.9.5.原市沼を愛する会公式ブログ
 蓮の花が終わりに近づき、果托採取もほぼ蓮池を一巡しました。とはいえ果托をすべて採ってしまった訳ではなく、未熟なものや、池の中央にあって届かないものは残してあるので、かなりの数の果托が残っています。果托の写真を撮られる方も沢山いらっしゃいます。写真のようなガッシリした立派な果托も残っています。

d0257466_17131116.jpg


 果托採取の次に準備を始めているのが、ザリガニ退治。

d0257466_17151286.jpg


d0257466_17285087.jpg


 蓮池には、ざまざまな生き物が棲息しています。そのなかで数が多く繁殖力が強く、しかも蓮の天敵がザリガニです。蓮の若芽を切ってしまうので放置できません。なにしろ1シーズンで1万5千匹以上のザリガニを捕獲しますので、来年の春までザリガニ退治は続きます。ザリガニの他にメダカ、とんぼ、カエルなど本当に沢山、棲息しています。メダカの姿をしばらく見ていないナ.....という方、蓮池にいらしていただければ、探す苦労なく、見つけていただけます。

d0257466_17265629.jpg

[PR]
by haraitinuma | 2012-09-05 17:27 | 原市沼・蓮池よもやま話
<< 9.2~9.8/開花数62輪、... 8.26~9.1/開花数109... >>