<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

蓮池には、たくさんの花が sanpo

2012.8.30.原市沼を愛する会公式ブログ
 蓮池にいらしてくださった方は、お解りになると思いますが、蓮池と西側道路を隔てる金網フェンスに沿って、さまざまな種類の花が育てられています。その花壇の始まりは、ゴミの不法投棄対策だったんですね。

d0257466_610477.jpg


写真では、4種の花をご覧いただいていますが、ブラックベリーを始めとする果実の実るもの。花を楽しむもの。その数2、30種類はあるでしょうか。蓮の花が咲く前の春先から、冬になるまで、なんらかの花を楽しむことができます。

d0257466_619815.jpg


 ところで蓮池のようすですが、立葉が枯れ始めているところが目立ってきました。一方で白蓮の池や入り口近くの池では、つぼみがまだ立ち上がってきており、数は、少ないものの毎日、十輪以上の花を見ることができます。

d0257466_6263581.jpg


d0257466_627577.jpg

[PR]
by haraitinuma | 2012-08-30 23:47 | 原市沼・蓮池よもやま話

8.19~8.25/開花数137輪そして、果托採取

 平年の八月下旬の最高気温平均は30度なそうですから、毎日35度を越える日々の続く今年は、いかに暑いかが解ります。けれど太陽の影は、どんどん長くなっていて、少しづつですが、秋の気配が見えています。蓮池の様子といえば、南側は、蓮の葉も色づいて終わった感が強くなりました。一方、北側の蓮池は、新たに上がってくるつぼみもあり、例年9月10日ぐらいが最後の花になるのですが、ことしは、もしかすると20日ぐらいまで花が続きそうな感じもあります。

d0257466_22254036.jpg


d0257466_22262371.jpg


ところで、きょう26日は、果托の採取作業を行いました。この暑さの中、年寄りだけでの作業は、午前中の3時間が限界。蓮池の面積でみれば、全体の1/10ぐらいで作業を終えた感じでしょうか。それでも、作業を終えてみると約5kgの種が採取できました。また、種を採ったあとの果托は、来シーズン蓮池を訪れた方に差し上げるべく、保存します。

d0257466_2237127.jpg

[PR]
by haraitinuma | 2012-08-26 22:37 | 今週の蓮池

静かな蓮池で

2012.8.22.
 午前9時30分すぎに蓮池に到着。この時刻は、先週までならば、受付当番のスタッフがいたのですが、今日は、誰もおりませんでした。お客様もおらず、500坪以上もある広い蓮池にただひとり。時折、新幹線とニューシャトルの通過音が聞こえる他は、人の気配もなく本当に静かです。セミは、もうすぐ終わる夏を惜しむかのように懸命に鳴いているのですが、それすらも静けさのなかです。
 蓮池、特に松、竹、梅池から南側は、果托がぎっしり。果托の中にポツンと遅れて咲く花がありますが、つぼみは、ほとんどありません。

d0257466_4361740.jpg


d0257466_421687.jpg


 一方、入り口側の上、中、下池から北側の蓮池は、まだつぼみも上がってきていますし、蓮の花もたくさんあります。特に白蓮の池とオニバスの池は、むしろ今がピークといった感じです。果托と蓮花がひとつの画になっているのは、この時期だけのことでしょう。

d0257466_4304739.jpg


d0257466_4311491.jpg

[PR]
by haraitinuma | 2012-08-22 23:45 | 今週の蓮池

8.12~8.18/開花数228輪

 8月15日に蓮池の一般公開が終了しました。見ていただくお客さんがいらっしゃらなくなったことを知っていたかのように、この一週間の花の数がグンと少なくなりました。それでも午前中の蓮池のスタッフがいる時間に、花を見に来ていただけるお客さんが、かなりの数いらっしゃいました。

d0257466_22464073.jpg


蓮の花数は、どんどん少なくなっていくなか、今年の春にいろいろトラブルがあって花が遅くなっていたオニバスが咲き始めました。今では。オニバスの池は、浮葉で埋め尽くされ、その浮葉を突き破って花のつぼみが上がって来ています。浮葉で埋め尽くされたために、逃げ場のなくなったカエルの姿を頻繁に見かけるようになりました。そこで、オニバスの花とカエルの対面写真。さらには、オニバスの浮葉さえも押し上げられて、普段は見ることのない紫色の葉裏を見せています。いかがですかオニバスの紫色の葉裏は。

d0257466_2304151.jpg


d0257466_231914.jpg


d0257466_2313750.jpg

[PR]
by haraitinuma | 2012-08-19 23:02 | 今週の蓮池

一般公開終了

2012.8.15.
 今シーズンの蓮池の一般公開は、きょうで終了です。ただし、朝5時から夕方4時までの開放は、終わりですが、ボランティアスタッフが作業をしている時間【主に午前9時から12時ぐらい】に蓮池を訪れていただければ、中に入場していただけます。今日の開花数は29輪と今週に入って急激に数が少なく成りましたが、入り口付近の池や白蓮の池は、つぼみがまだ沢山あります。

d0257466_234464.jpg


 黄色に色づき始めた蓮の葉と果托を狙っていらっしゃる、絵描さん写真家さんには、プロやハイグレードアマチュアさんと思われる方々が多いようですよ。
 ちなみにこのブログは、最後の花が咲くまでは、週二回の更新は続けますし、そのあとも週一の更新は、続けていきます。雪の積もった蓮池などもご覧頂きましょう。ということで、これからも引き続きこのブログを訪ねていただきますよう、お願いいたします。

d0257466_23164893.jpg


d0257466_23171376.jpg


d0257466_23174054.jpg

[PR]
by haraitinuma | 2012-08-15 23:18 | 今週の蓮池

8.5~8.11/開花数480輪

2012.8.12.
 昨夜の遅くに、しばらくぶりのまとまった雨がふりました。久しぶりの雨に、蓮池の蓮の花も潤って見えたのは、気のせいでしょうか。
 今週に入って一日あたりの開花数が、とても少なくなっています。南の端から蓮池全体を見ると花が終わって果托だけになったように見えます。

d0257466_23235865.jpg


d0257466_2326769.jpg


15日の一般公開終了まで、残り三日。花の数は少なくなりましたが、蓮池の北側、入り口付近の池は、果托も少なく、むしろこれからが花のピークのように見えます。

d0257466_2340593.jpg


d0257466_23411440.jpg

[PR]
by haraitinuma | 2012-08-12 23:42 | 今週の蓮池

蓮池よもやま話 「果托」もしくは「花托」

2012.8.9. 「果托」もしくは「花托」

d0257466_2220526.jpg


 ところで、このブログでは、花が終わったあとの雌しべを「花托」と表記してきましたが、ここでは「果托」となっています。これは、いったいどちらが正しいのか?というご意見もいただきそうです。そこで簡単にご説明を。「花托」も「果托」も読み方は「かたく」で、どちらも蓮の中心の部分のことです。ちなみに「托」とは、物を受ける台、のせる台のことで、一番身近なものが、茶碗をのせる「茶托」。つまり、花の花びら、雄しべ、雌しべ、つまり花を乗せているのが「花托」。花びらが落ちた後の果実を乗せているのが「果托」。ということのようで、これからは、「果托」という表記にしなければということでしょう。

d0257466_22221590.jpg


 そして、日本の精神文化のなかにあって、蓮、もしくは蓮の花が、仏教と深い関わりがあることは、あらためてご説明する必要もないでしょう。その前提があって、果托が西を向いて立ち、次第に頭を垂れるのは、西に西方浄土があって阿弥陀如来がいらっしゃるからである。という話しもまた、腑に落ちる話しではあります。

d0257466_22231654.jpg


d0257466_18343037.jpg

[PR]
by haraitinuma | 2012-08-09 22:26 | 原市沼・蓮池よもやま話

7、29~8、4/開花数878輪

2012.8.6.
 前の週のまとめは毎日曜日ですが、訳あって月曜になりました。朝からグズつきぎみの空模様で久々の雨模様になりました。昨日までのギラつく太陽はありませんでしたが、湿度が高く不快指数の高い一日でした。蓮池の花は、花托が多く目につくようになってきました。

d0257466_1734144.jpg


d0257466_17343990.jpg


 例年ですと9月中旬に最後の花になりますが、それまで花数が少なくなっていきます。一日に咲く花の数は少なくなってきましたが、花の色の濃いものや、薄く白蓮のようなもの、花の径が小さなもの、大きなものと、それぞれに個性の強いものが多くなってきました。

d0257466_1741336.jpg


d0257466_17415577.jpg

[PR]
by haraitinuma | 2012-08-06 17:42 | 今週の蓮池

オニハスとコオホネ

2012.8.2.
 蓮池のある原市沼は、上尾市、さいたま市という人口密集地にとても近いところの住宅地に隣接しながら、自然にあふれた湿地です。たくさんの生き物にあふれています。まずは、蓮池の中の植物を二つご紹介しましょう。
 まずは、「オニハス」。蓮池のなか、一番北側に独立した池があります。埼玉県内では、、原市沼の蓮池のほか北川辺、行田の3カ所でしか見ることが出来ません。埼玉県レッドデータブックにおいて絶滅危惧1A類(最も絶滅の危険があると考えられる種)に指定されています。
 例年に比べ「オニハス」も発育が遅かったのですが、七月の下旬に花を開きました。「オニハス」は写真でも解るとおり荒々しい表情をした葉を持っています。さらに全体を堅くて細く鋭いトゲが覆っていて、特に葉の裏側に沢山のトゲがあり素手でさわることができません。つぼみが葉を突きなぶって花を咲かせ、受粉が終わると水中に花が沈んでしまいます。

d0257466_10522429.jpg


d0257466_10525590.jpg


 もう一つご紹介するのが「コオホネ」。蓮池の中では、睡蓮の池に一緒に育っていますが、写真のように葉が茂っていて黄色い花が見えません。でも葉を掻き分けて探すと黄色の花が開いています。環境が合っているのか、蓮池の西側を流れる水路に沢山繁殖するようになりました。水路の「コオホネ」は、深緑の葉のなかに、黄色というより黄金色の花の見えるところがあり、とても印象的です。水路のものは、繁殖しすぎると水の流れを悪くするので、時折、堀りあげて、ご希望のかたに差し上げています。

d0257466_10542044.jpg


d0257466_1054476.jpg

[PR]
by haraitinuma | 2012-08-03 10:55 | 原市沼の生き物

一般公開も残り二週間

2012.8.1.
 ブログをアップするたびに、暑い暑いばかりで申し訳ありませんが、先の見えない暑さが続きます。八月に入って蓮池の一般公開も残り二週間。蓮の花の咲きぐあいも終盤に入ったような感が強くなってきました。南側の次郎池、四郎池あたりでは花托が目立つようになってきました。一方で入り口に近い上池、中池、下池、そして白蓮の咲く古池は、花が咲きそろってきました。

d0257466_2371554.jpg


d0257466_23102113.jpg


 この池に咲く蓮は、南側のものとは種類が異なり、あまり大きな径の花は咲きません。旧盆までの二週間、次々と花が見られます。そして、人気の高い白蓮は、つぼみが沢山あがってきています。

d0257466_23121795.jpg


d0257466_23134768.jpg

[PR]
by haraitinuma | 2012-08-01 23:14 | 今週の蓮池